学校だより

中中通信 7月号

令和元年7月発行

努力は必ず報われる

グランドで白球が弧を描き歓声があがる。振り向くと校碑が目に入る。「努力は必ず報われる」と昭和53年に文部大臣を歴任した海部俊樹さんの揮毫された文字が、刻まれている苔むした岩。古い校舎の歴史とともに多くの生徒に愛されたその言葉は、本校の校訓となっている。
他校に勤務していた新任教諭時代に、初めて朝礼で、この言葉を知り、よい言葉だなと校長先生の真似をして学級通信に掲載していた。今、思い返すと中伊豆中学校から転勤されてきた先生であった。 そして、令和元年度中体連夏季大会前夜の職員室。初任者の遠藤先生に「試合当日、選手に何を語るか」と質問したところ、ベテランから中堅、教頭先生まで話題に加わり、愉しいひとときとなった。 「今日の勝ち負けではなく、ここまでの道のりが人生の宝。一番大事なことは今日までの努力。どんなピンチも笑顔で乗り切ろう」 「心細くなったらベンチを見なさい。俺は、いつも一緒に戦っている」...

学校だよりの最新号をみる

お知らせ・ご案内

ボランティアの募集